【BLOG】Nikon D500に辿り着いた理由

Nikon D500画像出典:ニコンイメージングジャパンHP
一時期はミラーレス機「Nikon Z6」をという考えもありましたが、予算オーバー(レンズ込みで30万オーバー)、電池の持ちが悪い(400枚)、思ったほど軽量・コンパクトでない等の理由により、何にしようかずっと悩んでおりました。。。

結局、悩んだ挙句辿り着いたのは、いわゆる普通の一眼レフカメラ「Nikon D500」。
D500をチョイスした主な理由は以下の通りですが、トレランスタイルの山行においては現在使用している軽量・コンパクトな「Nikon1 V1」を併用することを前提に、「画質」や「電池の持ち」を優先して選びました。


メリット
・価格的にギリギリ予算内(レンズ込みで約20万)
・電池の持ちが良い(1,250枚)
・画質はプロ機レベル


デメリット
・重い…(レンズと合わせると1kgオーバー…)
・でかい…(とてもじゃないけどこれを持って走れない…)


Nikonの一眼レフカメラにはセンサーサイズの大きなFXシリーズ(いわゆるフルサイズ機)と、センサーサイズが一回り小さいDXシリーズの2種類があり、今回購入したD500はDXシリーズにおけるフラグシップ機(最上位機種)にあたります。

D500は間違いなく筆者レベルのアマチュアには十分過ぎるお化けスペック機ですが…その分「重さ」や「でかさ」を犠牲にしてでも持ちたいという所有欲を駆り立てる魅力ある一機と思います。

その他、この機材に関する言及をしようとするとかなり長くなってしまうのでそこは今回は割愛致しますが、筆者の独断で一言でまとめさせて頂くと、持ち歩けばその瞬間世界は変わる!です。

以後、D500で世界を切り取っていきたいと思います。


★Nikon D500の購入は👇から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です