【EQUIPMENT】シリーズ中最小モデルの「ULTIMATE DIRECTION FASTPACK15」ならしっかり走れてGood!

ベスト型大容量ザックとして人気を博すUDファストパックシリーズ(15L,25L,35L,45Lの4モデル展開)だが、「収容力」と背負った際の「走り易さ」のバランスに優れる25Lが筆者的には最も「買い」だと👇のファストパック25のレビューでお伝えした。

【EQUIPMENT】大容量ベスト型ザックの最高傑作「ULTIMATE DIRECTION/FASTPACKシリーズ」の25Lモデルが一番お勧めな理由

そんなファストパックシリーズの中で2番目にお勧めなのは、シリーズ中最もコンパクトな15Lモデルだと筆者は思っているのだが(筆者も所有している)、ここではそんなファストパック15について、25Lモデルとの比較を交えながら言及してみたい。

ファストパック15
ファストパック25(今回紹介するモデル)
ファストパック35
ファストパック45

※ファストパック画像出典:ULTIMATE DIRECTION公式HP

UDファストパック15のお勧めポイント
1)レースにも使える大容量ベスト型ザック
2)縦開閉ジッパーでメイン荷室に容易にアクセス可能
3)背面の大容量メッシュポケット(2カ所)が収容力抜群

 

1)レースにも使える大容量ベスト型ザック

UDファストパックシリーズ中最小モデルのファストパック15は、そのコンパクトさゆえ、背負った状態での走り易さはシリーズ中最も優れる。(筆者の体験談)
もちろん15LモデルもUDファストパックの象徴とも言えるロールトップ方式採用モデルのため、多少荷物が少ない際にもロールトップを巻き込めば、ある程度の荷崩れ・荷揺れが抑えられるので「大は小を兼ねる」ザックとも言える。
そのため、荷物が多い時のファンランやファストハイクのみならず、UTMFに代表されるロングレースへの使用も大いに有りだ。

ファストパック15のディテール①(真後ろから)
ファストパック15のディテール②(斜め後ろから)
ファストパック15のディテール③(横から)
ファストパック15のディテール④(正面から)

なお、ファストパック25の前面には2カ所のボトルホルダーが付けられているが、ファストパック15では片側がスマホ等の収納に重宝するジッパーポケットとなっているため、2本のボトルをザック前面に収納することはできないので注意が必要だ。
※細身のボトル・ソフトフラスクなら収納可能

ボトルホルダーは1か所

2)縦開閉ジッパーでメイン荷室にアクセス可能

ロールトップ式のザックは、荷物の容量に合わせて巻き上げる回数を調整することで荷崩れ・荷揺れが防げるが、開閉が面倒&時間を要するといったデメリットもあり、特にロールトップ式に慣れていないユーザーは最初はその点をストレスと感じるだろう。(筆者も実際にそうだった)
しかし15Lモデルには縦方向に大きく開閉するジッパーが付けられているため、ロールトップに触ることなくワンアクションでメイン荷室へのアクセスが可能だ。

ロールトップを開閉せずともジッパーでメイン荷室にアクセス可能

そして、この縦開閉ジッパーはザックの口部分まで開くので、ロールトップを全て解放させれば、大きめの荷物の出し入れが非常にし易い。
※縦開閉ジッパーが併設されたモデルはシリーズ中15Lモデルのみ

ジッパーをフルで開閉した状態(メイン荷室内にジッパーポケットがある)

3)背面の大容量メッシュポケット(2カ所)が収容力抜群!

15Lモデルを特徴付けているのは、ザック正面に付けられた2カ所の大型メッシュポケットで、ストック等の収納にベストマッチする。
収容力も実際かなりあり、500mlペットボトルなら各2,3本収容してもなお、ウィンドブレーカー、地図、軽食類と言った小物を収容可能なほどだ。
※2つのメッシュポケットは完全独立している(中で繋がっていない)
※あまり詰め込みすぎると亀の甲羅のように横に広がるので見た目は悪くなる

収容力抜群のザック正面大型メッシュポケット(2か所)

ファストパック25と比較した際に劣ると思われるカ所(筆者見解)

①ポケット数が少ない

ファストパック25では8つあったポケット類だが、ファストパック15は6カ所(前面4カ所、正面2カ所)だ。

ザック前面の収納は4カ所
ザック正面の収納は2カ所

とりわけ個人的には財布、鍵などの貴重品類をファストパック25ではザック正面に付けられたジッパーポケットに収納していたのだが、ファストパック15にはこのようなポケットがないため、少々出し入れし難いが、メイン荷室内のジッパーポケットに収納している。

ジッパーをフルで開閉した状態(メイン荷室内にジッパーポケットがある)
ファストパック25にはザック正面にジッパーポケットがある

また、ファストパック25にはある両サイドのメッシュポケットもファストパック15にはない。
(その分ザック正面の2カ所のメッシュポケットが抜群の収容力を誇る)

ファストパック25には両サイドにメッシュポケットがある

②コンプレッションストラップがない

ファストパック25,35,45では、ロールトップのストラップを絞れば自ずとメイン荷室がコンプレッションされるZ字状のストラップ機構が採用されており、これが走る際の荷崩れ・荷揺れをかなり防いでくれるのだが、ファストパック15のストラップにはこの機構が採用されていない。

自動的にコンプレッションされるストラップの機構(ファストパック25)

もっとも、15Lクラスの容量ではそこまでの荷崩れ・荷揺れを心配することもなく、実際両者を背負って走り比べてみても、背負った状態での走り易さはファストパック15に軍配が上がったくらいなので、コンプレッションストラップの有無は、この容量クラスのザックではさほど問題ではないのかもしれない。

バックル仕様はファストパック25と同じ

ファストパックシリーズの唯一の改善要望点として挙げさせてもらった、表側でなければ閉じられない仕様のバックルはファストパック15についても同じだ。
ここだけは改善してもらいたい。

※2018.10.14追記
ある閲覧者の方より「今年のモデルは通常のバックルに変更されている」との情報を提供頂きました。
まだ筆者が直に確認したわけではありませんが、現行モデルには上記問題はないものと思われます。

 

表側だと閉じられる
片方が裏側だと閉じられない

以上、ここではファストパック15のお勧めポイントを、ファストパック25との比較を織り交ぜながら紹介してきた。
できるだけ走り易い大容量ベスト型ザックを求める方にはこれ以上にないお勧めなザックと言える。

★UDファストパック15の購入は👇から

One Reply to “【EQUIPMENT】シリーズ中最小モデルの「ULTIMATE DIRECTION FASTPACK15」ならしっかり走れてGood!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です